スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Void Shaperヴォイド・シェイパ 森博嗣氏

人は無だ。なにもかもない。ないものばかりが、自分を取り囲む。

ヴォイド・シェイパヴォイド・シェイパ
(2011/04)
森 博嗣

商品詳細を見る

山奥に住む師弟、剣術の名士 師であるスズカ・カシュウが亡くなった。
弟子の ゼンは自らが何者であるかは知らない。カシュウとは何者なのかも何故一緒に暮らしているのかも知らない。
そして、里や町や文化・風俗も知らない。そして、カシュウの言いつけ通り、山を下りる。
山から下りたゼンは初めて見聞きする、食べ物・習慣・ことばを知る事になる。そして…他の人と対峙する事で考え悩み、悟る。
ただ山を下りよ。と行ったカシュウの最期の言葉はゼンへの「教え」の総仕上げだったのだろうか。

何が足りて、何が足りないのか。
強くなることとは何なのか。
生きる事とは何なのか。
何のために生きるのか。(わからない事を知る為に生きるのか)
人間の集団とは。関係とは。
人は何故、楽をしたいのか。その為に犠牲になるものもある。所詮、貪欲だ。
欲望とは。不安とは。人の価値とは
そして、空とは。無とは。無情とは。

ゼンの数日の旅の中で、いろいろな思考が巡らされていく。
---------------------------------
相反する思いは、同じ行為・事象から思い描くものが異なっているだけだ。
人生は無駄のくり返し。生まれても生まれなくても、今と同じ世の中がある。世界は何も変わらない。
---------------------------------
すべてが新しいとは、なにもないこと。
ないものもないから、古くはない。生まれては消えていく。
ないと思うこともない。
思わないから、消えない。
ただ、人は無を感じる事が出来る。
ないと知ることが出来る。
---------------------------------

そして、人の価値は生きる変化にある。
     生きる事でもなく、人の存在でもないというのだ。
     なぜなら、全てはなにもないのだから。

穏やかで感情の起伏がないようなゼンが、終盤にカガンとその門弟オーミの真の強さと「無」を知った時の精神の昂ぶりが印象的であった。

実はこの本がどんなものであるか知らずに読んでいたのでR。
そして、作家の名前すら知らず、(知人の名前に似ていた)、ブック帯もなく、どんな内容かは全く知らなかったのだ。
ただ、英字のタイトルと表紙の山脈の深い藍色に惹かれた(また、装丁かい!)
↓深い、紺碧の東山魁夷の絵ような…装丁
void
どんな話か知らないから、読んでいてもすごく新鮮だった。まさにビギナーズマインド!

で、読み始めはカタカナの人名でアジアの山奥の話かな?…と。
すると、剣術の話になり、武蔵みたいなものかなあ?…と。
すると、育ての親が死んで旅に出るから、そうか、出生の秘密に何かあるのか?…と。
いや、いや、
なんか主人公のゼンがやたら悩むし、周りの人はやけに親切で…うさんくさそうな人でも、スパイスの効いた事を発言するし。
これは、ひょっとして哲学書なのだろうか?…と。
いやあ~先入観が無い分、恐ろしい本に出会ったという感じでした。

だいいち題名がピンとこなかった。
ヴォイド・シェイパ なんそや?
読み終えて、調べました。Void は「空」Shaperは「形づくる」なあんだ、タイトルになってたんだ。
ドキドキしながら読み終えて「空」にたどり着いたゼンを「君もそこにたどりつくのか~」と高揚した私の感情は何だったのか。(ゼンは禅へつながるぞな)英語の学習は大事ですぞ!

引用の[新渡戸稲造:武士道]って良く知らないのです。恥?

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。