スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スケバン刑事」漫画家の和田慎二さん死去

少しばかり気になっていたのだ、
幼き頃読んでいた、「スケバン刑事」や「超少女明日香」の和田慎二さんは元気だろうか?…と

61歳におなりだったんですね。連載もされていたのですね。
-----------------------------------------------
和田慎二氏 61歳(わだ・しんじ、本名・岩本良文=いわもと・よしふみ=漫画家) 
5日、虚血性心疾患で死去。告別式は未定。

 広島県生まれ。1971年、大学在学中に「別冊マーガレット」でデビュー。
「超少女明日香」シリーズや「ピグマリオ」など少女漫画で活躍。
テレビドラマ化、映画化もされた「スケバン刑事」は大ヒットした。
現在は、「ミステリーボニータ」(秋田書店)で「傀儡師リン」を連載中だった。
-----------------------------------------------
小学校からの友人が大好きで、その影響で私も読んでおりました。
絵柄は最初は馴染めなかったのですが、読んでいくうちに「慣れてきて」
そのうち話が面白くて、気にならなくなりました。
スケバン刑事 (7) (MFコミックス)スケバン刑事 (7) (MFコミックス)
(2005/02/23)
和田 慎二

商品詳細を見る

銀色の髪の亜里沙 (花とゆめCOMICS)銀色の髪の亜里沙 (花とゆめCOMICS)
(1992/03)
和田 慎二

商品詳細を見る

そうそう、銀色の髪の亜里沙 ありましたね。
暗い洞窟で暮らしていたから、髪が白いんですよ。
そして、育ての親が博士(?)だから雑学・教養が身について学校へ行っていないのに、賢いんです。
(記憶がすごく古いので…違ってるかな?)

超少女明日香 (第1巻) (白泉社文庫)超少女明日香 (第1巻) (白泉社文庫)
(1998/12)
和田 慎二

商品詳細を見る

これは、働き者で万能なお手伝いさんの話。変身すると美人になる。
(記憶がすごく古いので…違ってるかな?)

和田慎司先生のご冥福をお祈り致します。
思春期にお世話になりました。

つかこうへいさんに次いで、若き日に感性を頂いた方がまた一人なくなってしまった。
おどろいたので、1日2回もささやいてしまった!(キャー)

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。