スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館展 国立新美術館

オルセー美術館展 国立新美術館

国立新美術オルセー
国立新美術館
東京都港区六本木七丁目22番2号
会館 2007年(平成19年)1月21日

設計:黒川紀章
シンボルマーク:佐藤可士和
延床面積は日本最大で、独立行政法人国立美術館に所属している中で唯一コレクションを持たない為、英語名は収蔵品を持つのが通常であるミュージーアムではなくアートセンターを用い、「ナショナルアートセンター・トウキョウ THE NATIONAL ART CENTER-TOKYO」を名乗っている(ウイキより)

オルセー美術館展
印象派の誕生 ―描くことの自由―
国立新美術オルセー

「印象派の殿堂」として知られるパリ・オルセー美術館から、珠玉の絵画84点が来日します。テーマは「印象派の誕生」。1874年の第1回印象派展開催から140年 ― パリの美術界を騒然とさせた「新しい絵画」の誕生の衝撃が、選りすぐりの名画によって東京・六本木に鮮やかによみがえります。
マネに始まり、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら印象派の立役者となった画家たちの作品はもちろんのこと、同時代のコローやミレー、クールベのレアリスムから、カバネル、ブグローらのアカデミスム絵画まで、まさに時代の、そしてオルセー美術館の「顔」ともいうべき名画が集結する。

■会期 2014年7月9日(水)~10月20日(月)
http://www.nact.jp/

約束の時間の合間に、駆け抜けるように展示を見るしかなかった。
AH~!!
こんなに崇高で、美しい大型の絵画が結集しているのに、もったいなくて、くやしくてたまらなかったけど、
ここが目的ではないのだから、仕方がない・・・。
この美術館そのものも、かなり立派で、写真でみるよりずっと良い印象だった。
(この青々とした無機質なビルの感じとのギャップ・・・)
国立新美術オルセー
パンフもチケットも色合いがカワイイ!
モネ「草上の昼食」 若い頃に家賃が払えず持ってかれちゃって、取り返した時には、一部ボロボロになってしまっていて、
しゃーないから、二つに切り離してしまった、大型の傑作。

国立新美術オルセー
ちょっと感銘を覚えたのは、床にカンナをかける人々(ギュスターヴ・カイユポット)・・・右下
削りカスの生々しさと男の労働する肉体とその題材が心に残った。
そして、一同、こぞって釘付けになっていたのは、
ミレーの「晩鐘」
静かでリアルで枯れ草と土の匂いが漂ってきそうだ。
モネの「かささぎ」
一面の白を様々な色の影を含ませて描いた光の絵。

もっと、ゆっくりと、ミュージアムショップを見たり、
他の展示も見たかった!

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。