スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力ピエロ 伊坂幸太郎氏


重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2012/07/01)
伊坂幸太郎

商品詳細を見る


内容紹介
兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは――。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

これは、サスペンス小説だったのか?と、読了の後にジャンルを確認して知った。
伊坂さんならではの、叡智に富んだネタが満載で。
知識もふんだんで・・・
(映画、絵画、人物、小説家・・・科学)
やはり心に突き刺さる言葉があって、リンクもあって、

とっても面白かったか?と、問われたら、それ程でもなく、
読めなかった?と、問われたら、そんな事は絶対なく。
 (読み始めて一年以上の本がゴロゴロあるのだよ・・・)

感想は「流石だね!」

強い家族の絆を感じられた。
「父」が偉大・・・(ああゆう、親に私はなりたい)
この「父」が際立っていた。

「母」からは「気休め」という至宝の言葉を頂戴した。
--母は、「気休め」が好きだった。「その場限りの安心感が人を救うこともある」とたびたび言っていたし、父が仕事で思い屈していた時には、豪勢な手料理を用意し、「人を救うのは、言葉じゃなくて、美味しい食べ物なんだよね」と断言した。--

「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」-春の言葉

以前、ETV(NHK)のソングライターズでも、佐野元春さんが同じような事を言っていた、
歌詞が深刻なら、逆に曲調は明るめにするみたいな・・・
(余談だが、伊坂幸太郎さんの小説を読むと、随所に佐野元春を感じてしまう。
これは、一方的な思い込みなのであろうが・・・ま、どちらも前向きで世の道理を語る事に長けている)

「春が二階から落ちてきた。」

その後、春は、生きているのだろうか・・・

「そうとも、重力は消えるんだ」

泉水「どうやって?」

父母
「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる」
「その通り。わたしやあなたは、そのうち宙に浮かぶ」

・ ・ ・ ・ ・ 
楽しそうに、思い込んで、(ヒマドに)生きてる方が幸せ。

蛇足:「芥川龍之介の短編集」を買ってきた。(再読用)
伊坂さんを読むと、芥川が気になるのでR。(今回は、山椒魚と走れメロス挿入だったけどね)


山椒魚 (新潮文庫)山椒魚 (新潮文庫)
(1948/01/15)
井伏 鱒二

商品詳細を見る
 
走れメロス (新潮文庫)走れメロス (新潮文庫)
(2005/02)
太宰 治

商品詳細を見る


誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。