スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOKUGIN ギャルリ・ミレー 富山市

ギャリルミレー入口
HOKUGIN ギャルリミレー

2012年9月開館。収蔵作品は、ミレーをはじめ、コロー、ドービニー、
デュプレなどバルビゾン派の作品や写実主義の
先駆者クールベの作品など53 点。

 2014年4月現在は、その中の23点の作品を“都会の魅力”、
“農村の美”、“ミレーの見た都会”、“都会でのミレー”、
“バルビゾンの村”、という5 つのテーマに分けて展示しています。
作品と展示空間は北陸銀行が提供
http://www.gmillet.jp/より
・開館:10:00~17:00
・休館日:月曜日、祝日の翌日
・入館料:大人200円
噂には聞いていたが、ど田舎から車でしか行かない自分にとっては、
富山市内の中央通りの「ギャルリ・ミレー」は気軽には行けないのでR。

富山市中央通りの活性化の為に、北陸銀行が創ったとされる「まちなか美術館」
そこは、まちなかのお散歩がてら気軽に、本物の世界的絵画を愉しむ空間(らしい)。
なんだか、パリの川のほとりを散歩する雰囲気が漂うではないか・・・。
しかし・・・、

久しぶりに歩いた中央通りは、ガラ~ンとしているという表現を通り越していた。
「てるてる亭」が一縷の希望のように灯を灯している。

そして、ずいぶんと奥まったところに「ギャルリミレー」はあった。

暗く照明を落とし、さほど大きくはない部屋に絵画が飾られている。
もったいないから、じっくり見る。

※パリ郊外のフォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家たちを、今日「バルビゾン派」と称している。

美しい絵画ばかりだった。ポール・デジレ・トウルユベールの「裸婦」の清らかな事、そしてミレーの描く内面を描写する画。数が少ないから余計に見入ってしまうのか。

神話を描いた「オイディプスとアンティエゴ」も小さい額ながら、心に残った。

入口付近の企画展は「富山の風物詩」で祭の絵(地元の画伯)が展示されていた。
野上祇麿氏の「高岡七夕祭り」の色彩が美しい。

展示は入れ替えがあるらしい。また行きたいな…。

ギャリルミレー1

あの中央通りは・・・今後どうなってしまうのだろうか・・・。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。