スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝 薬師寺展 石川県立美術館

国宝薬師寺展2013

この展覧会は薬師寺東塔(とうとう)の大修理に協力し、北國新聞創刊120周年と県立美術館の開館30周年を記念して、「聖観世音菩薩像立像」「吉祥天女像」等国宝6件を含む宝物44件を公開するもの。
■会期2013年4月26日~6月23日
石川県立美術館…>>http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/index_j.html

薬師寺は「法相宗[ほっそうしゅう]」の大本山です。
天武天皇により発願(680)、持統天皇によって本尊開眼(697)、更に文武天皇の御代に至り、飛鳥の地において堂宇の完成を見ました。その後、平城遷都(710)に伴い現在地に移されたものです。(718)

現在は平成10年よりユネスコ世界遺産に登録されています。

会場に入ると、曼荼羅図と四天王の内のお二人がお出迎え。大きい!
四天王とは、お寺のお堂の中で如来様や菩薩様を東西南北の四隅で守る方々。邪鬼を踏みつけています。
間近で見ると、古いなかにも修復が施されていて、作られた頃は金色だったんだなあと思い巡らす。

奈良の薬師寺に行ったときは、あまり気にも留めなかった、仏様達が美術館の中では存在感がハンパないのはどうゆうことだろう…。
そうだ、建築物がないからだ。如来様がいらっしゃらないからだ。
さすがに「薬師寺展」といえども薬師三尊像は持ち出しできないのか?あの色彩あざやかな、西塔をはじめ広大な伽藍や白壁と朱の鮮やかさは持ち出し不可能。
でも、その代わりに大小、いろんな時代の仏像や絵画や、絵巻物。なんといっても薬師寺では気にも留めなかった塑像群を改めて知り見る事ができた事は貴重。東塔のものは、雨風にさらされて損傷が激しいが、西塔のものは火災にあったから、形があるという。(なんとなくジレンマ)

十一面観音像が目立っていたように思う。あちらにも、こちらにも。古いものから新しいものまで。

あと、玄奘三蔵関係のものも・・・。

国宝薬師寺展2

そして、「吉祥天女画像」が拝めた。。
左右の壁に間接照明を施すのみの、暗がりの回廊を模したような空間の、ずっと奥まったところに、その方はいらっしゃった。
壁画風の襖絵だとばかり思って、大きいものを想像していたら、こじんまりとした淡い色の絵画だった。
描かれた当時はもっと極彩色だったのだろうか?建物の鮮やかさとは似つかないパステル調。

吉祥天女画像 【国宝】 (奈良時代)
http://www.nara-yakushiji.com/guide/hotoke/hotoke_etc.html
 吉祥天女[きちじょうてんにょ]は福徳豊穣の守護神として崇敬され、この吉祥天女の前で年中の罪業[ざいごう]を懺悔[さんげ]し、除災招福を祈る、いわゆる吉祥悔過[きちじょうけか]の本尊として祀られています。
 薬師寺では正月に行う法要 修正会[しゅしょうえ]が吉祥悔過法要にあたり、宝亀2年(771)以降行なわれています。毎年1月1日~15日まで、その期間中の薬師寺ご本尊として金堂薬師三尊像の御宝前にお祀りされます。
 この吉祥天像のお姿は光明皇后[こうみょうこうごう]を写したと伝えられ、麻布に描かれた独立画像としては、日本最古の彩色画です。

仏像にこんなにトキメクのはきっと、ガラスケースがないからだと思う。
四天王立像も聖観世音菩薩像も十一面観音菩薩立像も背後も無防備にさらされている。360度、丸見え状態。
(壁面の陳列はガラスケースだが…)

今回の展示で心奪われた仏像は、小さな木造
聖観世音菩薩像
 ↓ここに、過去の記事とお写真を発見!
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021401000465.html
聖観世音菩薩像

ガラス越しではあるが、どれだけ見ていても飽きない。お顔立ちにしなやかなお姿。
このような仏像があのガラ~ンとした薬師寺にあったとは、現地に行っても気づかなかった。蓮甕や白壁をバックに遊んでいた事自体どうなの?自分ら。

国宝薬師寺2011
↑2011年訪問 薬師寺

今回、図録を購入すると薬師寺僧の村上太胤氏のお筆書がもれなくもらえるという事で、その金色に輝く美しい装丁と二千円の破格なお値段に随分迷ったが、断念。
だって、気軽に来て、無料駐車場がいっぱいで有料駐車して、薬師寺展のチケットを買ったらお財布の残金は三千円だったんだもん。
帰りに辻口さんのケーキを買おうと決めていただけに…。(目前の欲に目がくらむ自分)
ルミュゼアッシュ 辻口博啓氏のパティスリー&カフェ 「お店の利用だけでもOK」

あ~、奈良へ行きたくなってきた!!!
次回は、唐招提寺だな。当麻寺も!

そして、いつも思うのだ。神仏は信仰なのか、それともアートなのか?と。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。