スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福光散歩 棟方~巴松 富山県南砺市

うららかなある日の休日の昼下がり。
朝から一歩も外へ出ていない。こんなにお天気がイイのに…。
マイカーも無い。さらに、NO MONEY。
すると、ツレが散歩に誘うから、気の向くまま、福光公園方向へ歩みを進める。
見慣れた景色を斜めに見て、路地を通り…

 そうだ!「愛染苑」へ行ってみよう!

鯉雨画斎
■棟方志功記念館 愛染苑 富山県南砺市福光1026-4 939-1654
 TEL0763-52-7576(福光美術館)
愛染苑…>>http://nanto-museum.com/aizen-en/

地元に居ながら一度も訪れた事がなかった、福光の名所。この名称は谷崎潤一郎が命名したらしい。
世界のムナカタ、板画家 棟方志功が戦時疎開した折りに構えた居もある。

棟方は青森県出身であるが、たいそう貧しい身の上を恥ずかしく思い、疎開先に富山県のこの地を選んだという。(福光でも魚の代金の代わりに絵を置いていった前田魚店(今は無い)の逸話は有名)

鯉雨画斎(りうがさい)」は棟方の住居の名称。絶対に落書きをしてはならぬ。といわれたものの、家を構えた喜びに、アトリエの板戸に描いてしまった。「滝登りの鯉」「雨に打たれた鯉」。鯉の他にも鯰らしきものも描かれていた。
板戸からはみ出る位に激しいタッチで描かれている。…というわけで、止められた落書きが貴重になり、名跡の名前にまで出世したという逸話。
棟方自身、貧乏を恥じて帰郷しなかったのに、この「鯉雨画斎」にあるお祝いの席での屏風の寄せ書きは、名だたる面々であった。ホントに出世しちゃったんだね。(棟方の憧れたゴッホは生きているうちは、日の目をみなかった)
ちなみに、この家に貼られてる、棟方作の「北陸銀行のカレンダー」が面白い。

そして、有名な厠(かわやの)壁面と天井画。(どうやら、ここに移設前は一般人がこの住居に住んでいた時期もあったらしいお話。だって、このトイレを使用したとツレが…。)この住居が町の都市計画の為、宙づりで移設されたのは、そんなに昔じゃない。女人裸婦に見おろされて用をたしんだね。

愛染苑パンフ


向かいの「青花堂(しょうげどう)」は棟方の協力者、石崎俊彦氏の住居跡地。この方は惜しみない協力者であり、町にも貢献された。青花堂の名称は、棟方が石崎に付けた堂号。この方も絵を描かれる。民芸学の人。この館はこじんまりとしていて、奥を茶席にしたら面白そうなどと妄想。この方は本当にご尽力されたのだと感じた。

棟方志功像
  青花堂入り口の棟方の像。草花に囲まれ、小さく安座していてかわいい。

さて愛染苑の中は、ミニ美術館の風情でちょうど「芽吹頌展」というのが開催されていた。
たいそう昔の展覧会の案内が大切に保管されている。そこで、気になったのが「栖霞園」。当時の展覧会などがこちらで数多く開催されていた。すぐ近くの別院の側だから行ってみることにした。(やっぱり、徒歩)

栖霞園(せいかえん)は旧福光城跡で、いまではすっかり人生を重ねた方の催し事の場所のようになっていたが、
栖霞園…>>http://nanto.zening.info/fukumitu/Fukumitsu_Castle.htm
(通常は公開されていないらしい。この日は催し事の片付け中でしたが…)

石垣の上にこじんまりと門扉があり、なんとも風情のある場所でした。
ここは、巴御前の石黒氏とも関係があるのでは?と思い立ち。
「そうだ、巴塚の松を見に行こう!」…もちろん、徒歩。

巴の松
巴塚の松…>>http://mu84002.group.nanto-e.com/detail-6263.html

巴御前は木曽義仲の恋人(妻ではなく、便女といわれている)平安末期の方、91歳没。
この松の下にご遺体を埋めたとされる。大木になった松が時の重みと重なる。
が、彼女は実在したかすら怪しいのでR。・参考…>>「城端むぎや祭」のいわれ

《看板より》市指定文化財 巴塚の松 
天然記念物 昭34115指定
樹齢約750年に近い老松
砺波山合戦の勇将巴御前が木曽義仲敗死の後 
越中に来て石黒太郎光弘に寄食して尼となり
兼生尼と号した 齢91歳で入寂 
遺体を葬り一本松を植えた。

さて、陽も落ちてきたので家路につきます。
徒歩で行く、福光さんぽでした。よく歩いた!

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。



FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。