スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOWN TOWNダウン タウン 小路幸也氏

DOWN TOWN 

七色の黄昏 降りてきて♪

暗い気持ちさえ
すぐ晴れて
みんな うきうき~♪

ダウン タウンへくりだそう~♪


DOWN TOWN/ダウン タウンDOWN TOWN/ダウン タウン
(2010/02/19)
小路 幸也

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
高校生の僕と年上の女性ばかりが集うこの場所で繰り広げられた、「未来」という言葉が素直に信じられたあの頃の物語。大人になるってことを、僕はこの喫茶店で学んだんだ。温かくて懐かしい「喫茶店×青春」小説。

街のコーヒーショップ「ぶろっく」居心地のいい空間。ここで出会った「みんな」と分かれるのは寂しい。でも、僕は希望を胸に旅立つ。

「ぶろっく」は、心の闇を抱えつつも、楽しい時間を共有する大人の女性の集いの場。
そこに例外的に受け入れられた高校生ショーゴが少年と大人の境界に心が揺れながらも、実家の居心地の悪さをいつしか受け入れられるほどに成長し、東京へ旅立つまでの約2年間の出来事。
時代は1977年から1979年。井上陽水や吉田拓郎、NSP、ユーミン、サイモンとガーファンクルの名前が各所にちりばめられている。終盤には浜田省吾もチラリと…。

これだけで「脳内はすでにセピア色」1980年位から「ニューミュージック」と呼ばれる音楽が台頭してくるから、その前夜の頃のお話でR。「あ~!青春っ」て感じの小説。自分の学生時代を思い出しつつ、こういう風に毎日でも通える喫茶店があればいいな。とか、親子関係ってこんなに繊細だったんだ。と今さらながら気づいたり。(もう、手遅れ…と、いわれても)

携帯電話がない時代だから、伝達方法が張り紙とか、公衆電話、トランシーバーというもどかしさも久々に味わってしまった。
話自体は、盛り上がりの場面がちょっと自分の好みとはズレていたので、なんともいえないが、少し薄暗い照明の「ぶろっく」で、コーヒーの香りとレコードのBGMが流れるムードは、センチメンタルに浸るに充分でありました。

あぁ、私も「ぶろっく」が欲しい!!

DOWN TOWN(ダウン・タウン)は、シュガー・ベイブの曲。作詞:伊藤銀次 作曲:山下達郎 
この作品がご縁で作者の小路幸也さんは、作詞の伊藤銀次さんとの会談が実現してしまったとか…

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。