スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山のふもとで 松家仁之氏

新春のお年玉として、自分用に求めた本でR。
しかし、在庫が無くおとりよせに数週間…。
物語が急展開したりスリリングであったり、刺激いっぱいという事はないのでイッキ読みする事もなく、ゆっくりしたペースで読む。

その間に窓の外の雪は融け、受験生は進路を決めていた。(そして、なぜ自分はこの本を読みたかったのかすでに忘れている状況)

火山のふもとで火山のふもとで
(2012/09/28)
松家 仁之

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
「夏の家」では、先生がいちばんの早起きだった。―物語は、1982年、およそ10年ぶりに噴火した浅間山のふもとの山荘で始まる。「ぼく」が入所した村井設計事務所は、夏になると、軽井沢の別荘地に事務所機能を移転するのが慣わしだった。所長は、大戦前のアメリカでフランク・ロイド・ライトに師事し、時代に左右されない質実でうつくしい建物を生みだしてきた寡黙な老建築家。秋に控えた「国立現代図書館」設計コンペに向けて、所員たちの仕事は佳境を迎え、その一方、先生の姪と「ぼく」とのひそやかな恋が、ただいちどの夏に刻まれてゆく―。小説を読むよろこびがひとつひとつのディテールに満ちあふれた、類まれなデビュー長篇。

のめり込むような筋書きではないが、人生の傍らでそっと見守っているというような雰囲気のストーリー。何気ないものにも細心の心配りがあり、丁寧なくらしが日々の営みにある。

建築家の話であるから、設計とか建築についての詳細な描写にとても感心し、これまで、建築物について興味がある方は、いったいそれの何を見ているんだろうか?と常々疑問だったのだが、この本を読んで、見所が若干わかった気になった。(たいしてわかってないと思うけど…)
建物は利用者と時代によって息づく。どんなものでも人と時代が育てていく。

終わり方もすごく良い。しみじみと主人公の気持ちになって(筋書きを)人生を振り返るような気持ちにさせられる小説でR。
今ならページをめくれば、そこからは「夏の家」を囲む木々のざわめきと木漏れ日、それから小鳥のさえずり。そして、池をわたるひんやりとした空気が頬をなでるようだ。
すこし行けば、藤沢さんの花畑と小さなバルコニーのある家が望める。
村井設計事務所は「居心地の良い建物」を設計したように、作者は「読了の良い」読み物を書いたようだ。

この本を読んでいる間にどうしても食べたくなったのは、スコーンにクロテッドクリームを添えたものと紅茶。――実際食べたら、美味しかった。というのは余談。

大事なことは、聞き逃してしまうほど平凡な言葉で語られる――。

「静謐(せいひつ)」という単語が思い浮かぶ叙情豊かな小説でした。

そうだ、避暑に出掛けたいときは「この本のページ」をめくればいいのだ!(きやすめ)
誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。