スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCOT サマー・シーズン 2012 南砺市利賀村

SCOT Summer Season 2012
scot

鈴木忠志の世界

利賀で生まれ、世界に翔ばたいている『リア王』

日本を問う『世界の果てからこんにちは』

新機軸・親子のための音楽劇『シンデレラ』

■2012年8月24(金)~9月2(日)

<特別上演>スズキ・トレーニング・メソッドを学んだ世界の若手俳優による「トゥーランドット」
http://www.scot-suzukicompany.com/

富山県利賀芸術公園
http://www.togapk.net/

どこからどこまでが日常で、どこからが非日常かなどという区別がことさらな意味をもたないような時間、日常といえばすべてが日常であり、非日常といえば、そうよんでもいい時間、そういう得体のしれない時間が流れる場所をつくりだすこと、これは演劇の理想とするところだろう。それをひとまず広場とよぶことにしよう
http://www.scot-suzukicompany.com/toga/ より
鈴木 忠志(すずきただし、1939年6月20日 - )は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の演出家。
東京都立北園高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。
早稲田大学在学中に、学生劇団「自由舞台」に参加。

卒業後、劇団「早稲田小劇場」を結成、早稲田大学近くの喫茶店「モンシェリ」2階(現在は、早稲田大学が所有しており、「どらま館」へと改称。学生の演劇発表の場として提供されている)に劇場をかまえ、活動を続けた。女優の白石加代子は、「早稲田小劇場」の看板女優として活躍した。

1976年より富山県利賀村に活動の拠点を移し、それ以来、合掌造りの利賀山房など5つの劇場を舞台に作品を作り続けている。
利賀での活動は世界の注目を集め、利賀村は一躍、世界の演劇人の交流の聖地と言われるようになった。1982年からは、毎年、国際演劇祭利賀フェスティバルを主催。同年、芸術選奨新人賞受賞。
1984年には、「早稲田小劇場」から「SCOT」(鈴木カンパニー・オブ・トガの略称)へと改称。
唐十郎、寺山修司らとともに、1960年代におこった新しい演劇運動の代表的な担い手の一人である。  ウィキペディア(Wikipedia)より

利賀村は、富山県南砺市の中でも、先の市町村合併の時に、唯一「南砺市利賀村」として村名を残した地域でR。
やはり、国際村という自負があったせいだと思うし、それが認められたという事。
人口は千人にも満たない、過疎地域。同じ南砺市民といえども、用事がなければ、行く機会もないところ。

いつの頃か忘れたが、学生時代に合宿で訪れ当時の「早稲田小劇場」で見学した。
暗闇で、重たい演技だったと記憶している。
しかも、女が犯されるシーンで、見ている未成年の私たちは衝撃的だった。(ちがった?)

時を経て、数年前に、いろいろな施設もできたし…と平日に遊びに行ったら、施設がすべて「休館」だった。しかも、人がいない…
「水曜日」はムラの休日のようで、食事さえもするに事欠いた。

今回、ちょっとした利賀村をめぐる、いろんな記憶が蘇った。

南砺市は「一日で巡る観光地」では無い。一年位、都会から移り住んでみると良い。
最近、本気でそう思う。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。

◆関連日記…世界の果てからこんにちは観覧備忘録


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。