スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真宗大谷派 井波別院 瑞泉寺 南砺市

瑞寺山門
真宗大谷派 井波別院 2012年2月19日撮影 (あまのじゃく気味に右方向をUP)
■拝観時間 9時から16時30分
■参拝志 一般300円、中学生200円、小学生100円
◆問い合わせ先:井波別院瑞泉寺(富山県南砺市井波3050)
        電話番号 0763-82-0004 http://www.geocities.jp/inamibetuinzuisenji/
瑞泉寺 門前にはギネス登録の「世界一長いベンチの一部」竜頭部分が展示されていました。
頭だけ見えますか?(2011年8月28日実施http://kaburazusi.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
井波別院瑞泉寺は、明徳元年(1390年)、本願寺5代綽如(しゃくにょ)上人により建立。この寺は、北陸の浄土真宗信仰の中心として多くの信者を集め、また、越中の一向一揆の重要拠点ともなった寺院である。
15世紀末には、井波城と称し、福光城主石黒氏を破るとともに、井波の町は寺内町として発展した。16世紀には、織田信長の北陸方面軍、佐々成政の焼き討ちに遭う。その後城端北野(南砺市)に移った後、再び井波へ戻り、現在の場所に再建した。

現在の本堂は、明治18年(1885年)に再建されたもので、木造建築の寺院としては、日本でも有数の建物。井波大工の棟梁松井角平恒広を中心に多くの大工、彫刻師が完成に携わった。
瑞寺山門彫刻
↑山門の扉部分。久々に見た、この緻密な彫刻に改めて驚嘆してしまった。(城端別院とは違うなあ~)
(感心して見上げていたら、凍りついた階段で滑って転んじゃったよ…滑り防止のムシロがムシロ役立たず)

太子堂は、大正7年(1918年)、井波建築、井波彫刻、井波塗師の優れた技を集めて再建された。棟梁は松井角平恒信で、大工34人が建築にあたり、7年がかりの大工事だった。
大門(山門)は、天明5年(1785年)、京都の大工によって建て始められましたが、京都本願寺の再建工事が始まったため、井波大工がその後を引き継ぎ完成。

高岡門←高岡門

himajuu1←式台門(2005年修復)こんな高貴な場所で…おいおい…(このカメラマンの連れ、こんなことしてるから、肩からかけたバッグの全開に気づかず、雪を詰め放題にしていたのでR。アホや!悲惨すぎる~)
さて、門前の八日町通りは石畳の情緒豊かな風情です。
井波八日町 井波警察署 御触書とバス停
当八日町通りは参詣観光の要路にして、善男善女の「思いやり」通りなれば、
一、老若男女を問わず歩行者を優先すべし、
二、軒先に駕籠(自動車)馬(バイク)を長く停むべからず、
三、早駆(速度違反)は常にすまじきこと、

   
夏の太子伝 7月下旬は一大イベントです。
瑞泉寺には、後小松天皇(1377~1433)より拝領したという、聖徳太子自ら刻まれたという一木造りの2歳の南無太子像と呼ばれる像と、巨勢金岡大納言の作と伝えられます絹本着色の八幅の絵伝が相続されております。

↓HPではこんな刺激的な文章も…!
「虎の間では普段は目のすることのできない貴重な絵画類が、宝物殿では展示替えが行われます。また、大門(山門)二階が開放され、見事な天上絵を見ることができます。」

そして、太子伝をささやいてるうちに…恐ろしい記憶が蘇って来ました。
ほんとに小さい頃、信仰心の深い?実家では、毎年太子伝詣でに行っておりました。いろんな野師を見るのも楽しみの一端です。そこに「見せ物小屋」というものがあったのです。 蛇女 幼い私には衝撃的だった…
でも、何を見たかは思い出せないのに、怖かったとしか思い出せないのに、
興味本位で「検索」したら、この記事!
↓↓
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091133254351.html
蘇ったじゃないか!そう、強烈だったんだよ…うん。

心は震えながらも「今では見られないモノを見た」という得意な気持ちも少々。
時として、人間は残酷だ。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。