スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城端別院善徳寺 富山県南砺市

富山県南砺市城端地域は、越中の小京都と呼ばれ、坂と寺院と信仰の街といわれています。
城端別院
■城端別院善徳寺 (2011年11月撮影) 
富山県南砺市城端405 0763-62-0026
・無休(8月13~8月17日休、12月25~1月8日休)
・9:30~16:30(閉門、予約制)
・JR城端線城端駅から徒歩10分  駐車場あり(無料)
 近隣の市営無料駐車場も利用可能(普通車50台、バス10台)
・院内案内 200円
・善徳寺宝物収蔵館 大人250円、高校生・大学生200円、小・中学生100円
・院内案内+宝物館 350円
・(宝物収蔵館は15名以上団体扱い)
蓮如上人の開基から530年余りの古刹。本尊は行基作と伝えられる阿弥陀如来像。

城端別院善徳寺は、真宗大谷派の大刹で、山号を廓龍山と号し、開基は本願寺第八代連如上人です。
開基から530年余りを経ており、本尊は行基作と伝えられる阿弥陀如来像で、宝物収蔵館では貴重な古文書や宝物を見学できます。

室町時代の文明3年(1471年)、加賀国河北郡井家の庄砂子坂に創建されました。その後、越中石黒の庄山本村、福光村へと移り、永禄2年(1559年)、城ヶ鼻城主荒木大膳の招請により城ヶ鼻(城端)へ移り、城郭に寺域を定めました。江戸時代には加賀藩の庇護のもと、越中国の真宗寺院の触頭役(ふれがしらやく)として隆盛を来し、今日に至っています。

山門・本堂・太鼓楼・鐘楼の4つが県の文化財に指定されています。
善徳寺では、古文書など、1万点以上の宝物を所有しています。それらの一部を、虫干を兼ねて7月22日から1週間にわたり一般公開するのが虫干法会です。普段入ることもかなわない部屋などに足を踏み入れる事もでき、世俗を離れた気分に浸ることができます。またこの期間は有志の方達が宝物の解説をして下さるので興味の有る方は楽しめます。
また、加賀藩前田家より拝領の宝物など、約9百点が座敷・御殿に展示され、それらについての解説や絵解きが行われます。

大きな山門の左側に、菊の御紋の入った門がある。
式台門 これが『開かずの門 式台門』です。
皇室や大谷家・本山より見えた場合のみ開門される特別な門です。
別名、勅使門とも言われ大変に立派な門です。城端しだれ桜まつり期間中は特別開門します。この「しだれ桜」私は間違って、違う桜を見ていたことが…善徳寺会館前の境内にも綺麗な桜があって、ライトアップしていたので、まさに「それ」かと思っていた。
しだれ桜は戦前までは非常に高貴な樹として扱われ、神社や寺院にしか植樹されなかったものです。

幼い頃、祖母に連れられて「お寺参り」によく行きました。
角のお肉屋さんで「コロッケ」を買って、通りの和菓子屋で色粉のついた生菓子(餅)や「いがら」といって緑色のごはんがついた餅を買ってもらい。(10円ばかり高いけど、いがら餅が好きでした)坂の上の駄菓子やさんで、剣鍔(けんつば)おやきや、六方焼き、たまにはシールを買ってもらい(夏にはかき氷を食べたり)。路地の牛乳屋でヤクルトを買ったり。坂の下の銭湯に入って、徒歩で帰宅した夕暮れ時。

時間が思いっきり、ゆっくり流れていました。
祖母の歩みもゆっくりでした。

久しぶりに訪れた城端別院は、なんだか小さく見えました。
私の記憶の中では缶蹴りなどで遊び場に利用する小さな子供達の声があるのですが、
今は静けさに満ちていました。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。