スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麒麟の翼 東野圭吾氏

東野圭吾 作家生活25周年記念第一弾 まだ読んでいなかったので、自主的夏休みの宿題で読了。

麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る

日本道路元標である日本橋で男が殺された。最後は麒麟の翼の像にもたれかかるように。
男はなぜ、事件現場から胸にナイフを突き刺したまま瀕死の状態で、そこまで歩いたのか。

目撃者のいない中、派遣切りにあった福島出身の若者に容疑がかかる。しかし、彼は事件当日にトラックに轢かれ死亡。殺人事件はがん細胞のように被害者一家に、容疑者一家に拡がる。メディアは真実をねじまげて伝え、さらなる不幸をも生む。

犯人はいったい誰なのか?
麒麟の翼で絶命した男が最期に伝えたかった事とは?
そして、事件の真相はもっと別のところにあったのか?

加賀恭一郎と松宮脩平のコンビが「新参者」でおなじみの日本橋人形町界隈で繰り広げる。
これに「赤い指」で登場した加賀の父の3回忌法要をからめ事件は展開される。

事件は「麒麟の翼」から始まっていたのだ。
赤い指赤い指
(2006/07/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る


新参者新参者
(2009/09/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る



印象に残ったところを抜粋。
加賀が容疑者の彼女が出産し子を育て上げると断言した時の台詞
----------------------------
「…口先だけだって思ってますよね、きっと」
「もし、世の中を甘くみているのなら安心だ。どこにも光がないと絶望している方が、余程心配です」
----------------------------

加賀が父との生前の約束で死に目に立ち会わなかった事をその時の担当看護婦(現在3回忌法要の手配を手伝っている)に戒められるセリフ
----------------------------
「元気な頃に交わした約束など、何の意味もないといっているんです。あなたは人の死と向き合ったことがありますか」
「何度もありますよ。何しろそれが仕事ですから」
「あなたが見てきたのは死体であって人間ではありません。私は、死んでいく人達を見てきました。何度も。死を間近に迎えたとき、人間は本当の心を取り戻します。プライドや意地といったものを捨て、自分の最後の願いと向き合うんです。彼等が発するメッセージを受けとめるのは生きている者の義務です。加賀さん、あなたはその義務を放棄しました」
----------------------------
読後の全体的な印象

「夜明けの街で」もそうだけど、
結末が残り数ページでガラリと変わる展開の仕方はあまり好きじゃないなあ。
意表を突きたいのかもしれないけれど、せめて「新参者」のような展開にしてほしい。
なんだか、読み続けたのに2割減のような感覚なのです。うまく表現できないけれど…。
けれど、やはり巧い!家族と仲間のどちらの絆をも描いています。

「麒麟の翼」に東野さんが託したものは「希望」と「祈り」 奇しくも東日本大震災が直後に起こるのだが…
帯にあるように「ここから夢に 羽ばたいていく、 はずだった。」の過去形にしないよう、

そう、(原点に立ち)「夢に羽ばたくのだ!」

番外ですが、
麒麟の翼のラストで、前出の彼女は故郷の福島に帰って、もう一度頑張るとのことだった。…ああ、なのに震災…これは、偶然ですか?(あ、でも小説ですね。これ)

麒麟の翼の発行は、
      第一版 2011年3月3日  
      第二版 2011年3月22日←私が今、手にしている本はコレ

麒麟の翼は、2011年3月に発生した、東北地方太平洋沖地震に際して、麒麟の翼の増刷分の印税を救援金として寄付するとしたらしい。

また、終わりのページには
「著者は本書の自炊代行業者によるデジタル化を認めておりません。」
     とある。自炊代行人?すぐに調べます。私。
----------------------------
自炊(じすい)
自分がもっている本を電子書籍リーダーで読めるようにするためにスキャンして電子化すること。自分で活字の書籍をスキャナーに読み取らせてPDFファイルなどに変換するので、自分で吸い出すことから「自吸い」と表現していたがその文字表現を変えたものである。その「自炊」を代行する業者も登場している。著作権法では個人が自ら楽しむ範囲で書籍や音楽などの作品を複製する場合は「私的複製」にあたり、著作権者の許可をとる必要はないが、複製行為の主体が事業者の場合は許可が必要になる。書籍の複製代行が私的複製の延長線上にある行為か、事業者による複製行為かの判断を示した裁判例はまだない。出版社などの権利者の団体は「営利目的の業者がかかわる場合は違法」と主張している。一方、サービス業者は「利用者の依頼によって複製を代行しているだけなので、広義の『私的複製』にあたる」と主張している。
         [ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]

東野さんやはり著作権には気を留めていらっしゃいます。表現者ですもの当たり前です。
古本や図書館にも否定的ですもの。

去年日本橋へ行ったのに、麒麟の翼の像には気づかなかった。だって、暑いし、歩き疲れていたから…残念。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

「麒麟の翼」東野圭吾

作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんにちは。

先日はありがとう。綺麗な文章を書かれますね。トラックバックさせていただきました♪

No title

先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

Re:

> 看護婦さんの言葉が心に残って、

映画でも、このセリフあったんですね!

この映画、見てきました!
看護婦さんの言葉が心に残って、
検索してみたら全文見ることができました!
という通りすがりのこめんとでした(笑)
プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。