スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOOEY 佐野元春

敬愛する、佐野元春の6年ぶりの新譜が届いて半月を経た。
ZOOEYZOOEY
(2013/03/13)
佐野元春 & THE COYOTE BAND

商品詳細を見る

「Coyote」(2007年)から「ZOOEY」までの自分の経た日々の葛藤や落胆や希望を想いながら、書き殴ってやろうと思った。でも、やめた。自己憐憫になりそうだから。

世界はいつも新しいし。誰にだって「いい時も、よくない時」がある。
自分はいつまでたっても未熟だし、寂しがりやだ。誰だってそう。そして、虹の上しか歩いちゃいけないんだぜ。

今回のアルバムは,
アナログレコード愛と人類愛と佐野説教であふれていた。

あまりの深さに他人の前では聞けやしない。
聴きたくないヤツには聴かせない。もったいないから。

これまでにない、判りやすい言葉といいまわしの曲達ばかりでR。
そこには、「電気的なバレンタイン」も「時間畑のハイウェイ」も「ジュジュ」もない。
曲の世界観にすぐ浸れてしまう。言葉の真意など推し量る必要もないくらいに…。

寄り添い、温め合うふたりがいる。リスペクトしあって懸命に生きるふたりがいる。
「旅」は、ふたりが共にいる限り続くのであろう。愛することに理由なんてない。
未来は愛しい誰かと共にいることを想像して築くんだ。そこにはどんな幸せや世界環境が見えるだろうか。

「La Vita e Bella 」もいいけれど、自分の123オシは「スーパー・ナチュラル・ウーマン」「ポーラスタア」「詩人の恋」
「スーパー・ナチュラル・ウーマン」は聴いてから歌詞カードを見た。それでも「空耳」かと思った。ちまたでウワサになるまでは…のんきなモノでR。

アンジェリーナの日に伝え聞いた「ソサエティ」は「君と一緒でなけりゃ (英題Ship of Fools)」としてリストに入っていた。


そして今回も手紙の封入が…。

motoharu-tegami13

帯を解いて、紙を開ける。数行の文字がしたためてあり、その言葉に心臓が、時間が硬直した。
自分がずうっと探していた「宝物」のありかが記されてある。

その詩編は、ここで紡いでいたんだと、その後CDを鳴らしてわかった。

その指し示す場所が新たな課題になったのだが、
でも実は、もうそろそろ、年を重ねてるから気づきはじめてる。うまく表現できないけど。

♪街には音楽があふれているけれど、誰も君のブルースは歌ってはくれない。
おおらかな人生を夢見てる君
虹をつかむまで あともう少し (虹をつかむ人)


ZOOEY(デラックス盤)(DVD付)ZOOEY(デラックス盤)(DVD付)
(2013/03/13)
佐野元春

商品詳細を見る



http://www.sanspo.com/geino/news/20130316/int13031605040000-n2.htmlより引用
57歳はサラリーマンの世界なら定年間近だ。20代のころは高音でシャウト。声質は変化したが、年を重ねることを「経年」と捉えている。
「経年は美しいものだと思う。ものすごく強く高い声でのどを振り絞っていたのが、『ガラスのジェネレーション』や『スターダスト・キッズ』。でも今は、経年することでそんなに高く強い声は出せない。それに代わって若いころには出なかった声が出ている。声もひとつの楽器。楽器を生かすべく、ソングライティングしている」
白髪姿も、渋みがある歌声も、味であり年輪。
心のバンドエイドもはずれたとか…。佐野さんがずっと、ソングライティングし、歌いつづけていられますように。
…と夜空の一点を探しながら、ささやいてみるのでR。
「経年」悪くないよね。

関連記事…2012-13WINTER TOUR 佐野元春@名古屋

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

火山のふもとで 松家仁之氏

新春のお年玉として、自分用に求めた本でR。
しかし、在庫が無くおとりよせに数週間…。
物語が急展開したりスリリングであったり、刺激いっぱいという事はないのでイッキ読みする事もなく、ゆっくりしたペースで読む。

その間に窓の外の雪は融け、受験生は進路を決めていた。(そして、なぜ自分はこの本を読みたかったのかすでに忘れている状況)

火山のふもとで火山のふもとで
(2012/09/28)
松家 仁之

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
「夏の家」では、先生がいちばんの早起きだった。―物語は、1982年、およそ10年ぶりに噴火した浅間山のふもとの山荘で始まる。「ぼく」が入所した村井設計事務所は、夏になると、軽井沢の別荘地に事務所機能を移転するのが慣わしだった。所長は、大戦前のアメリカでフランク・ロイド・ライトに師事し、時代に左右されない質実でうつくしい建物を生みだしてきた寡黙な老建築家。秋に控えた「国立現代図書館」設計コンペに向けて、所員たちの仕事は佳境を迎え、その一方、先生の姪と「ぼく」とのひそやかな恋が、ただいちどの夏に刻まれてゆく―。小説を読むよろこびがひとつひとつのディテールに満ちあふれた、類まれなデビュー長篇。

のめり込むような筋書きではないが、人生の傍らでそっと見守っているというような雰囲気のストーリー。何気ないものにも細心の心配りがあり、丁寧なくらしが日々の営みにある。

建築家の話であるから、設計とか建築についての詳細な描写にとても感心し、これまで、建築物について興味がある方は、いったいそれの何を見ているんだろうか?と常々疑問だったのだが、この本を読んで、見所が若干わかった気になった。(たいしてわかってないと思うけど…)
建物は利用者と時代によって息づく。どんなものでも人と時代が育てていく。

終わり方もすごく良い。しみじみと主人公の気持ちになって(筋書きを)人生を振り返るような気持ちにさせられる小説でR。
今ならページをめくれば、そこからは「夏の家」を囲む木々のざわめきと木漏れ日、それから小鳥のさえずり。そして、池をわたるひんやりとした空気が頬をなでるようだ。
すこし行けば、藤沢さんの花畑と小さなバルコニーのある家が望める。
村井設計事務所は「居心地の良い建物」を設計したように、作者は「読了の良い」読み物を書いたようだ。

この本を読んでいる間にどうしても食べたくなったのは、スコーンにクロテッドクリームを添えたものと紅茶。――実際食べたら、美味しかった。というのは余談。

大事なことは、聞き逃してしまうほど平凡な言葉で語られる――。

「静謐(せいひつ)」という単語が思い浮かぶ叙情豊かな小説でした。

そうだ、避暑に出掛けたいときは「この本のページ」をめくればいいのだ!(きやすめ)
誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

富山で休もう。

ローカルでは、おなじみ「ケロリン」の歌~♪

晴れの日~ 雨の日~ くもりの日~  
   ※最近TVCMを見て、記憶誤りと知る(>_<)ドキッ

雪空、雨空、くもり空、

頭の痛みに、歯の痛み~♪

子供心に、こんなにも、カラダのあちこち、さらに毎日、痛い人がいるんだろうか?
とラジオから流れる、この歌に爆笑しつつ、聴き入っていたものでR。

富山で休もう

富山の薬の袋は、何とも言えない、原始のパワーを感じる。
何故に「獅子頭」?そして、「ロケット」?

さてこの度、銭湯でおなじみの桶を販売している会社が廃業となり桶が銭湯から姿を消すというウワサ…

ケロリン桶

このポスターが張ってあった、富山市内某所であこがれの「ケロリンお風呂道具セット」があった。
山ほどあったら、逆に購買意欲がなくなってしまった。

富山弁川柳

この富山弁は「呉東地域」向けだから、どうも腑に落ちない。

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

レキシ vs SOIL & “PIMP” SESSIONS@ヘリオス

レキシvsソイル

「ヘリオス・グルーヴィーナイト vol.22 レキシ vs SOIL & “PIMP” SESSIONS」2013年3月16日(土) 富山県南砺市福野文化創造センター「ヘリオス」

昨年から気になりだしたアーティストは「レキシ」
見たい、聞きたい、体験したい!しかし、遠征はムリだわあ~と、諦め半分の冬の寒いある日。
見つけちゃった、さすが!ヘリオス!しかも、発売前。

「残バケ」の勢いで、参戦!今を逃したら、この先は無い。
…と、いうわけで、発売当日、大雪の雪かきも中途半端にチケットを求め…。
定員1200人に、どれだけの人が福野に集まるのか、ドキドキ。

SOIL & “PIMP” SESSIONSは聴くのも初めてなのです。
予習でちょっと、音源だけ聴いて。
ジャズっぽくもあり、カッコイイわ~と思って、臨んだならば、
なんだか、ちょっとド派手でコワイいでたちの方々と、恰幅の良いアニキというか社長さんがいらっしゃいまして、ビビってるうちに音が鳴り出し…結果、気持ちよく開放感に充ち満ちた時間となりまして、カラダの渇きにソフトドリンク一気飲みでした。(フー)

ソイル、良いものに出会えた気がします。「DEATH JAZZ」っていうジャンルなんDEATHちゃね。(社長、富山弁を頑張って使かってやったちゃね~)
ステージの奥深く中央で、靜かな笑顔と合図のまなざしのウッドベースの方が印象的でした♪

そして、ホラ貝の響きと共に レキシ登場~
レキシ http://www.laughin.co.jp/ikechan/top/

富山初上陸。その第一歩が、な、な~んと南砺市!
笑死したWW(志の輔以来…)歌を聴きに行ったつもりが…漫談?苦しゅうない(笑)
アムロになったりアスカになったりするから、曲もよく覚えていない say yes~(笑)

♪高床式~♪タカユカシキ~ ♪タカオカサキ~
(実は、高岡サティに聞こえていた自分(爆!)

あの「扇子」欲しかった。「しゃべりのセンス」はもっと欲しいけど。

ヘリオスは通常の椅子をとりはずし、平面なフロアーになってました。
LIVE小屋のように、ごったがえしているかと思いきや「空間率ちょっと高め」

もったいな~い。
至近距離で抱きしめられるように、見られるのに。
しかも土曜の夜。このお値段で二本立て!
駐車場は無料だし、日本画の鑑賞(長崎莫人展Ⅳ 鮮やかなの色遣いの魚の絵が心に残る)までできて。
ご近所が会場だとこんなに楽だと今さらながら実感。
運動不足な日々に3時間スタンディングLIVEは、とても良い運動でR。(負けず嫌い)(周りは若かった~)

楽しかった。ソイルにレキシ。福野に来てくれて、ありがとう!!!!

途中で気づいた、レキシのバンドメンバーが凄い。(ここにいたのですか?って状態)…渡さん譜面台の陰で全く見えませんでした。

【レキシバンドメンバー】
Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)
Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)
Ba:御恩と奉公と正人(鈴木正人)←富山から初参加だそうで、いじられてました。
Dr:蹴鞠chang(玉田豊夢)100s

2013/3/16 @HELIOS富山
大奥~ラビリンス
姫君 Shake!
Let’t忍者
狩りから稲作へ
きらきら武士
(何か足りないけど、わからない、たぶん間違えてる^^;)

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

呉汁(ごうじる) 味噌汁

呉汁

今では、「懐かしい味」になりつつある「味噌汁」
呉汁は、冬の寒いときに作られる事の多いお汁なのでR。
大豆を一晩水に浸しておいて、よくふやかした後、すり鉢で細かく砕く。

大豆をすりつぶしたん
     ↑ 柔らかくした大豆の「すりつぶしたん」

それを味噌汁の具にする。処により、他にも野菜を入れるかもしれないが、
私のソウルテイストは、油揚げとネギ。おしまい!
※今回は青味にほうれん草を入れました。

沸騰すると、豆のアワアワが吹きこぼれるので、要注意!
(私は、注意しつつも、ふきこぼしちゃいます)

今更ながら、気づくと、味噌、砕いた大豆、油あげ、オール原料大豆という、ものすごいラインナップ。
それだけ、南砺の里山の昔は、冬にタンパク源を摂取する事が難しかったのかもしれません。滋養と強壮?

これは、報恩講の精進料理の献立にしているところもあるとか。

富山県の南砺地域は、「精進料理」といって「ナマグサモノ」を断つ料理を食す風習があります。
(お出汁も昆布や椎茸でとります。父の代は、取り箸・器もキッチリ分けていました)

「ナマグサモノ」とは魚、肉類の事であり、先祖の祥月命日や、葬儀や法事の食事の際には、これら魚肉系を避けた食材で調理した料理「精進料理」を食事します。

今では、ご法要の席でも「お刺身」などの魚料理が出される事が多くなりましたし、
精進を通しているお宅も少なくなってきているのではないでしょうか?

懐かしいなあ、「精進料理」
…「中盛(なかもり)」「御平」「厚物」「坪」「大付」この響きも捨てがたい。

(久々に食べたくなって、大豆をもらって作ったら、汁をのんでは、家族は咳き込んだ。どゆこと?)

誰も気にしちゃいない。今日もどうもありがとう。




FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

プロフィール

kaburazushi

Author:kaburazushi
富山の片隅で清らかに営む、
お店スタッフのヒマド日記
(だが、商品紹介はあまり無い…だって、オフィシャルブログじゃないだもん♪=ハッキリ言って別物。)
興味の対象を勝手に書いてます。(笑)ステキなコメントはお気軽に…。

気になる事を書いているのに、「このブログタイトル」はどうなんだろう?と自問自答の日々。

「今を生ききる」←近年の目標!ここまで来たら「残り全部バケーション」な人生でありたい。2009年佐野元春の「LIVE ON」の響きが心の励み。時々「陽の射す丘の影」を探している。新しいシャツを模索してるうちに、なんでもめんどくさく感じてしまって、反省中(^^ゞ

よね田
http://www.kabu-yoneda.co.jp/

よね田のお買い物はコチラ
正直に食べ物と向き合っています。
近年、ブリカレー・カキカレー お魚カレーに心血注いでます。
東京有楽町アンテナショップ「いきいき富山館」で「ブリカレー」販売中♪

美味しい、塩麹風味のお刺身がいつでも食べられる!
「海鮮生塩麹」「海鮮甘塩糀」
♪♪サイコーに美味しいよん。
伝統の冬のかぶら寿し販売開始は11月15日!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング(^o^)♪
+++

FC2Blog Ranking

See you!
また、お会いしましょうね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。